すきっぷのQ&A

HOME>すきっぷのQ&A

保護者向けQ&A

名札は使用しません。”全職員が全園児のことを把握し、満たされるまで愛情を注ぐ”というバリューの考えのもと、担任ではない園児達についても日々共有し、名札に頼らず把握していきます。

園内では裸足で生活します。裸足保育により足に多くの刺激を与えることで、土踏まずの形成や大脳、感覚器官の発達を促していきます。また、すきっぷ保育園は小規模な園のため、合同保育時など乳児と幼児が一緒に過ごす際の危険性を低減させます。保育室は全園床暖房を標準装備しておりますので、冬でも暖かく過ごせます。

保護者のご負担を考え、持ち帰りの希望がなければ使用済みおむつは園で処分します。

保護者のお仕事開始とお子さんの様子に合わせて、無理なく保育園生活になじめるよう進めていきます。詳しくは、入園前の個人面談時に園長にご相談ください。

保護者の同意がない限り、園児をニックネームや呼び捨てにはしません。子どもを一人の人格者として捉え、様々な書類上でも、「くん」、「ちゃん」、「さん」などの敬称をつけています。

保護者の方に手作り品の強制はしませんが、その機能性や発達への影響などはお伝えし推奨する場合もあります。

給食やおやつはウオクニ株式会社に外部委託しており、園内の厨房にて栄養士、調理師が調理をおこないます。月に一度のお楽しみ給食や誕生日の日は特別な盛り付けをしたり、バイキング形式をとる日もあります。食育についても栄養士や調理師と協力し、様々なクッキングを行ったり、野菜やお米を育てたりと園児が食べることへの興味や感謝の気持ちを持てるような働きかけを行っています。

食物アレルギーをお持ちのお子さんには、入園前に医師が記載した『生活管理指導表』を園に提出していただく必要があります。それを元に入園時に詳細をお聞きした上で除去食での対応が基本となりますが、園での対応が難しい場合にはお弁当のご持参をお願いする可能性もあります。
事故防止のため、除去食は完全除去か完全解除かのどちらかの対応をとっていますので、たとえば卵を摂取することでアレルギー反応があるお子さんへは、繋ぎやデザートなど少量であっても提供せず、卵を完全に除去した食事を提供しています。また、卵アレルギーを持つお子さんと乳アレルギーを持つお子さんが在籍している場合は、安全性を重視し卵と乳を両方除いた除去食を提供します。醤油や味噌など症状誘発の原因になりにくいと考えられている食材によっても症状の出現が認められる場合には、お弁当を持参頂くことになります。
すきっぷ保育園で提供することのない食材にアレルギーがある場合は、除去のない通常の食事を提供しますが、その場合も医師による書類の提出はお願いします。

午睡時は布団ではなくコットという寝具を使用しますので布団カバーは必要ありませんが、一人ひとりにコットカバーを貸与するため、週1回の洗濯にご協力頂きます。その他は季節に応じてタオルケットなども使用します。

園児一人ひとりの発達状況に合わせて担任と相談の上、進めていきます。

異年齢間の関わりから得られるものを大切に考え、3,4,5歳児の幼児クラスは基本的に異年齢保育を行います。ただ、常に全員で同じ遊びや活動を行うということではなく、活動内容や発達段階に応じて年齢・発達別に分かれて活動を行う場面も多くあります。

年齢が上のお子さんにとっては、年齢が下のお子さんに教えたり、手本となることで責任感や思いやりの気持ちが育まれます。年齢が下のお子さんにとっては、年齢が上のお子さんから間近で刺激を受けて物事への興味関心が広がり、いろんなことに挑戦しようとする心が育まれます。また、一般社会のように様々な年齢、色々な人がいることを認識することにも繋がります。

朝、夕、土曜日のお子さんが少ない時間帯は全年齢の園児が一緒の部屋で過ごす可能性があります。その場合においても、危険のないよう最大限の配慮を行っていきます。

小学校で習う事の先取りを目的とした早期教育は行いません。保育園で過ごす乳幼児期に大切なことは、一人ひとりを大切に、多くの愛情が注がれることで、心の土台を形成していくことだと考えています。その上で、成長に応じて遊びの中での経験を通し、文字や数字を含む様々なものへの興味関心を育てられるような働きかけをしていきます。

園児の発達状況や保育士の働きかけなどについての書面を園児一人ひとりに作成し、保護者の方と共有していきます。園によって形式は異なりますが、原則として3歳児までは月1回、4歳児は2か月に1回、5歳児は3か月に1回の頻度で園とご家庭でやり取りを行います。

CODMON(以下、コドモン)というシステムを導入しています。→ コドモンHP

兵庫県西宮市にプレインターナショナルスクールを運営していることから、そこで培ったノウハウをもとにネイティブの外国人による『英語で遊ぼう』という活動を取り入れています。その他については、習い事はご家庭のご判断で行っていただくものという考え方のため、今後もサッカーや体操、プールなどを全体で取り入れる予定はありません。

2歳児クラスまでは園と保護者間で相互に記入する連絡帳があります。3歳児以上の幼児クラスについては、保護者と園児で今日あった出来事などの会話も楽しんで頂きたいことなどから、毎日記入いただく連絡ノートはありません。ただ、何かがあった際にはご遠慮なくご連絡ください。

園によって異なりますが、入園式、懇談会・保護者会、運動会、(発表会)、卒園式、保育参加・保育参観などがあります。

園庭がないからこそ、地域の公園などに毎日のように散歩に出かけます。そのことにより、地域の方々と交流が持てたり、足腰が強くなったり、交通ルールが身に付いたりしていきます。

保育士向けQ&A

服装の基準は園によって異なりますが、基本的にはチノパンやジャージ、Tシャツやポロシャツの上に会社から貸与するエプロンを着用します。

ご自宅から通勤可能な範囲内での異動の可能性はあります。年数の目安はなく、ご本人の意向や各園の配置適正やバランスを考慮し決定します。

シフトとしては月に1~2回程度の土曜出社と、行事や研修等で年数回の日曜祝日の出社があります。その場合は、原則として平日に振休を取得しています。

可能です。毎年数名が産休育休を取得し、復帰しています。復帰後は、一日6時間または7時間の時短勤務が可能です。

園の運営に支障がない範囲で可能です。園によりますが、前月○日までに園長に休み希望を提出、という形が多いです。

園の体制や行事月かにもよりますが、急な欠員がでない限りは基本的には各役職の組込残業時間内に収まることを想定しています。

すきっぷ保育園では、事務員を除き保育士資格を保有する方のみを採用させて頂いております。パート勤務を希望される方についても同様です。

経験も大事なことではありますが、それ以上に子ども達のことを大切に想い、愛情を注げる方かを大切に考えています。是非、ご応募ください。

各園によって異なりますので、是非一度園見学にお越しください。

年2回の全体での事業本部研修、年数回の階層別研修、姉妹園の同じクラス担任が集まるクラス別研修、毎月の園内研修、看護師研修などがあります。

基本的には各自治体や園が所属する団体主催の研修を中心に受講しますが、その他にも希望の研修があれば園長と相談の上で受けることも可能です。

保育士業務の効率化を目指し、保育園専用の業務支援システムであるCODMON(https://www.codmon.com/)を導入しています。ノートパソコンやタブレットを用いて計画等様々な書類を作成し、コドモン内にて承認から閲覧保管までを行います。これは、あくまでも保育士が園児と向き合う時間を生み出すための効率化と考え取り組んでいます。

幼児クラスは3,4,5歳児の異年齢保育を行っており、担任も2〜3人の複数担任となります。

給食については外部委託(園内調理)していますが、給食会議では委託先の栄養士の方も参加し密に情報交換をしています。食育については、保育士主導で年間食育計画を立て、栄養士や調理師の方にも協力頂きながら様々なクッキングを行ったり、野菜やお米を育てたりと園児が食べることへの興味や感謝の気持ちを持てるような働きかけを行っています。

役職別基本給に能力給を足した額の3ヵ月分/年を基本として査定により変動します。ただし、役職別基本給には各役職に応じたみなし残業代が含まれている為、みなし残業代を差引いた一般的に使われる純粋な基本給と能力給を足した額から計算すると、一般保育士の場合はおおよそ3.3ヵ月分/年となります。

入社半年後の勤務分から、各能力のRankに応じて毎月支給されます。項目としては、「意欲」「テクニカルスキル(保育所保育指針への準拠)」「ヒューマンスキル(対人関係能力)」「コンセプチュアルスキル(概念化、意思決定能力)」の4つに分かれています。それぞれがさらに細かな項目に分かれ、年に1回査定により決定します。詳細は入社後の初期研修時にご説明します。

各自治体の保育士宿舎借上げ制度を適用しない場合は、当社独自の単身住宅手当という制度があります。これは、園からご自宅までの距離が2km以内、3km以内、5km以内にお一人でお住まいの場合に適用されるもので、それぞれ3万円、2万円、1万円の手当が毎月支給されます。(諸条件あり)

基本的に土日や祝日に出社した際には振替休日を取得しますので、土日と祝日で年間約120日前後です(祝日が土曜の場合などがあるため、年によって異なります)。それらに加え、別途夏季休暇が3日間、12/29~1/3までは年末年始休暇となります。

2016年度の有給休暇取得率は60.8%でした。(厚生労働省による平成28年の調査結果:医療・福祉分野の平均取得率50%)

2015年度の離職率は16%、2016年度の離職率は8%でした。(離職率…一年間の退職者数/期首の在籍者数)

ページの先頭に戻る